プーケットへGO 前編

  • 2019年11月9日
  • 2019年11月17日
  • 海外
  • 54view

はいさい&ジャンボ!!キリギリスでございます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

私はどっぷり海外出張のハードワークをBangkokでこなす日々を過ごしております。泣きそうだぜ。

いやはや、2週間経過しまして、少しバテてきました。平日しんどいNOW。

そんな私ですが、先週の土日休暇を利用し、プーケットへGOしてきたのであります。Bangkokからスワンナプーム空港へ行き、ベトナムのLCCベトジェット航空で、プーケットへ向かいます。約2時間程度の旅程なのであります。

ベトジェット航空

飛行機に乗るまで、関空同様に飛行場の端の方までバスで進み、貨物飛行機のすぐ横まで行きました。LCCの扱いひどし。ド派手なピンク色の機体で、少しザワっと致しましたが、乗り心地はピーチ同様に問題なし。一瞬で眠りにつきましたので、快適だったということでしょう。この『WOW』が何を意味しているのか、5秒程気になりましたが分からずじまいでした。

空港から、約1時間半程の距離がありました。結構遠かったぜ。知り合いのツテで、スキューバ+離島までのジェットスキー往復+空港からビーチまでの往復の交通費合わせて、2,500THBでした。日本円で、8,000円ぐらいでしょうか。

今回我々が目指すビーチは、カロン・ビーチでございます。プーケットは様々なビーチが混在しております。一番大盛り上がりしているパトンビーチでは無く、のんびり過ごせると噂のカロン・ビーチでまったり過ごすことにしました。

google先生も、ビーチの特色を分かっておられるとはさすがでございます。

のんびりで良いのだ。もうええ歳なんだから。ナンパとかネオン街とかもうええねん。空港から直行で、カロンビーチまで行き、そのまま離島に渡るジェットスキー乗り場に行きました。

ムムム・・天気悪し。

でも雲が近く感じられて、凄くええ感じです。神秘的。ムフフ。20分程度、離島コーラル島に向かうのであります。おやおや・・Theリゾートの定番青い海が陰りを見せております。二色の浜より綺麗だが、エメラルドグリーンじゃないぞ・・ザワザワザワ・・大丈夫なのか。おぃ!Thaリゾートだろ・・。

ジェットスキーに乗り込むとすぐに、出発しました。45度、船首が上向き凄いスピードで進みます。ガタガタする振動に耐えられず、泣き崩れる幼い少女。抱きかかえる母親。そんな様子を嘲笑うかの様に、猛烈なスピードで、ボートは進むのであります。

到着。ドドドドーーーーーン!!

安心したぜ。安定のエメラルドグリーン。肉眼でしっかりと海底が見えるではありませんか。安心したぜ×2。さすがは、みんな大好きプーケット。リゾートです。

着いたら早速スキューバを体験しました。免許を持っていませんので、5m~6m程度の深さまでしか潜れませんでしたが、とても楽しかったです。イソギンチャクと戯れるニモを見ることができました。自分の縄張りに入るんじゃね〜と言わんばかりの魚が挑んできたり、急に凄い数のウニが出現したりと、ドギマギしながら楽しむことができたのです。いや〜最高。

島は中国人系と欧米系が半分半分といった具合でしょうか。砂浜も最高に気持ちよく、ビール片手にゴロンと横になりうたた寝するなど、ビーチを堪能することができました。う〜〜む最高だぜ、プーケット。

帰り道も、行きの娘が世紀末の様な鳴き声をあげ、抱きしめる母親。ここだけ切り取ると、内戦中かよ・・。と突っ込みたくなる様な状況なのであります。

皮肉を言ってすいません。家族の愛を感じて、俺も結婚したい。。しみじみと感じるのでありました。

島に着いたら、ホテルに向かい、ディナーの時間です。続きは中編でレポートしたいと思います。プーケットへGOはYouTubeでも近日アップしたいと思います。では中編で!

最新情報をチェックしよう!
>キリギリスの革命

キリギリスの革命

30代キリギリスが、ほとばしる情熱を持って努力を重ね、見える世界を変革します。そこのあなたに私のpassionをお届けしましょう。

CTR IMG