メメント・モリ

  • 2022年10月2日
  • 2022年10月2日
  • 未分類
  • 5view

皆様、どうもご無沙汰しております。

私の近況は、APEXや織田信長の野望にドハマりしておりまして、時間を溶かしておりました。

気付いたら、半年経過していた。。。

スプラトゥーン3も発売開始して、「おい!これめちゃめちゃ忙しいやんけ~!」

という感じで、仕事を終えてから急いで家に帰宅し、3つのゲームソフトを順繰り回す日々を送っていました。

そんな最中、会社から頂いたJTB旅行券の利用期限が迫っており、ゲームしたいんやけどな~と後ろ髪を引かれながらも、妻に尻を叩かれて香川県に行ってきました。

大塚国際美術館

旅行当日はあいにくの雨で、急遽予定を変更し大塚国際美術館に向かいました。

1人:3,300円

美術館の入館料3,300円ってめちゃ高いやんけ!

夫婦で6,600円です。なぬぬぬ( ゚Д゚)

なんて思っていたのですが、本当に素晴らしい美術館でした。

美術館については、改めてご紹介しますが、心に刺さった絵画がありました。それをご紹介させて頂きます。

メメント・モリ

「メメント・モリ」はラテン語で「死を記憶せよ」「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘るな」

という意味だそうです。

とあるブロックを進むと、骸骨や死体の絵が数多く描かれたエリアに入りました。

財宝と骸骨、死体の腐っていく流れなど、気持ちが重たくなる絵ばかりです。

なんだこのエリアって思ってましたら、今回の題名にしてるメメント・モリ(死を記憶せよ)の世界観だったのです。

死を認識しないと、正しく生きられない。

私たち人間は残念ながら、必ず死ぬのです。

私は、幸せなことに、親族が皆健康で長生きする人が多く、死を実感することがありませんでした。

つまり、死を忘れていたのです。

そんなことだから、ゲームに時間の大半を注ぎ込み、溶かしに溶かしておりました。

もったいなかった。時間は有限で、私は35歳。

もう若くない。。

ゲーム配信などして、金を生んでいればまだ意味があるものの、ただ楽しんでいただけなのです。

時間を溶かして、捨てていただけでした。

人生1回きり

来世などない。

人生は1回きりで、来世などはありません。

来世から来たよ!来世あったよ!などという人がこの世で発見されるまで、私は信じません。

つまりこの一生で勝負しないといけないんだ。

骸骨の絵を前に、しばらく考え込まされました。

時間を溶かしている場合ちゃうやん。

やるしかないやんっ!

やるっきゃないっ!

骸骨エリアを抜けた時には、自信の心が炎で燃えておりました。

最高の1日にしますっ!

好きなユーチューバーAKIOBLOGが、毎朝起きたらこう叫んでいました。最高の1日にします!

これしか無いんや!

死ぬときに良い人生やった~やり切った~!

と思える人生にしたい。

命を存分に使い切りたい。

その日からゲームを封印しました。

今はまだゲームやっている場合ちゃうねん。

その日から、心に刺さった骸骨の絵をスマホの待ち受けにしています。

結構カッコいいやろ!

皆さんもよかったら是非!

再始動するぜ!ではまたっ!

最新情報をチェックしよう!
>キリギリスの革命

キリギリスの革命

30代キリギリスが、ほとばしる情熱を持って努力を重ね、見える世界を変革します。そこのあなたに私のpassionをお届けしましょう。

CTR IMG